annieJAPAN-logotype.png

1. オーク材の木目を際立たせる方法


少量の水を加え、塗料をオーク材の木目にいろんな角度から刷毛で確実に塗り込む。納得のいくまで余分の塗料を拭き取る。最初のふき取りで、半透明の着色仕上がりとなります。再度拭き取りをすると、木目の中に石灰が入り込んだ処理をしたオーク材のような風合いとなります。OLD WHITE, PURE, DUCK EGG BLUEの色はこの処理に適しています。

2. オリジナルカラーの作り方

OLD WHITE や PURE を加える。

チョークペイントは柔らかく淡色の色から明るく濃い色まで32色そろえています。この32色の厳選された色は非常に柔軟で、色の混ぜ合せによりその色の汎用性は無限の可能性が広がります。
色を薄くしたい場合、OLD WHITEもしくはPUREを加えます。(OLD WHITEは色にヴィンテージ感を与え、PUREは色にモダン感を与えます。)
希望の色の大まかな混合割合を試してみて下さい。 指を使い軽く塗ったり、混ぜたり、あるいはウェブサイトの色見本をクリックして個々の色のページを確認して下さい。少量の塗料の場合は大きめのスプーンを使い、大量の塗料の場合はカップを使用して下さい。
スプーン2すくいのOLD WHITEに1すくいのPROVENCEの2対1の割合で、古い色あせたフランスの鎧トビラのような魅力的な柔らかく白っぽい、若干古ぼけた青緑色のターコイズ色になります。PUREを使えば、色はより混ざりけのない鮮明な色となり、1950年代のヴィンテージ感たっぷりです。

3. 単色テクニック


チョークペイントの単色を塗ります。ワックスを塗り研磨します。このテクニックは浮き彫りや彫り物細工の処理に最適です。

4. 2色重ね塗りテクニック


チョークペイントの最初の一色を塗終えてから二色目を部分的や全体に塗り、ワックスを塗ります。目の細かいサンドペーパーでこすり取り所々にヤレ感を出します。最後にサニースローンSOFT WAXを塗り込みます。

5. 床塗りテクニック

フローリング床

チョークペイントはフローリング床材に単色をウォッシュで薄く膜を作ったり、より厚く塗り込んだり自在です。
床全体に塗装する前に、時おりにじみだしがおこる事があるため、2,3カ所に試し塗りをする事を推奨します。(これはオレンジ-ブラウン色のしみが塗料を透過して起こる現象です。)このような場合、塗料を塗る前に布もしくは刷毛でシーラーを2、3度塗ってから塗装して下さい。
上部写真は3段階の行程を表示しています。 元々の古い光沢のある床にOLD OCHREで一部の床を塗装した床写真。写真の最終行程は塗装乾燥後アニースローンLACQUERを2度塗りしているところ。
*床塗装及びラッカー塗装は作業効率がよく、厚塗りを防ぐスポンジローラー使用を推奨します。
床掃除の場合、通常清掃は問題ありませんが、常時水洗いや漂白洗浄は避けて下さい。
水の使用頻度の高い場所では使用しないで下さい。

コンクリート床

効率を上げるため、スポンジを使用します。(カドは刷毛を使用)PARIS GREYを全体に塗装し乾燥させます。トレーにOLD WHITEを入れ、四角い平らなスポンジを塗料に浸し(浸しすぎないこと)、チェッカーパターンが床全体に行き渡るまで床にスタンプする。CREAMやENGLISH YELLOWなど他の色を所々の四角パターンに入れる事により全体の模様に不規則性を持たせられます。最後にラッカーをローラーを使って2度塗りして下さい。

6. DARK WAXでアンティーク感や質感を作る。


チョークペイントに水を加えず、少し厚めに塗装された時、本領を発揮します。少し塗料濃度を上げるためしばらくの間塗料の蓋を開けっ放しにします。剛毛刷毛を使って、全体に四方八方角度を変え塗装します。刷毛による凹凸感が現れます。
乾燥後、いよいよワックスの出番です。最初にCLEAR SOFT WAXを塗り、塗料を吸収させ表面をドライな感触にします。次にDARK SOFT WAXを縦横無尽に塗装表面全体の割れ目やきめにこすりつけて下さい。しばらくワックスが吸収するのを待ち、きれいな乾いた布で余分なワックスを拭き取って下さい。
塗装面はDARK SOFT WAXで傷跡や溝が埋められます。CLEAR SOFT WAX で拭き上げ、表面を磨けば写真の様な仕上がりとなります。

7. キッチンを塗装する。


チョークペイントをキッチンキャビネットに塗装する場合、最低2度塗りをし、2、3度SOFT WAXを塗り付けワックスで膜を作ります。SOFT WAXは防水で、塗装面にしっかり吸着します。チョークペイントは通常塗料によく見られる均一のなめらかさの『プラスチック』仕上げではなく、興味深い特徴が売りです。全てを新たにしたい場合、必要に応じて適量のSOFT WAXを塗り付けます。湿った布で拭き取ります。頑固な汚れがある場合は市販の洗剤が必要な場合がありますが、その場合全てのワックスを取り除いてしまうので、使用後はもう一度ワックスを塗り付けて下さい。
サンダーや下塗りは必要ありません。キッチンはほとんどの場合木材が使われているのですが、非常に光沢のある表面に塗装する場合、表面に塗装がうまくのらない場合があります。木材の表面が塗装に最適な表面ですが、 ガラスにも塗装可能なので、 見苦しいラミネートをそのまま残すより塗装する事をお勧めいたします。ガラスより光沢のあるラミネートもありますがそうでもないラミネートもあります。光沢の少ないものほど塗料は付着しやすいです。

8. 自然なひび割れ模様を再現する。

他に何の製品もいりません。チョークペイントを濃いめにして層状に塗装し、(塗装膜が乾燥せず、薄すぎず厚すぎず)すぐにドライヤーで乾かせばひびが発生します。ひびが出来たらCLEAR WAXを塗り、その割れ目にDARK WAXをこすりつけます。
表面の余分なDARK WAXを拭き取り、割れ目をくっきりさせます。
熱い地域にお住まいの方は炎天下に置いて下さい!

9. すべすべ仕上げ。


平でスベスベ仕上げをお望みの場合、チョークペイントに水を少し加えます。塗料が滑らかに塗れます。楕円で剛毛な刷毛より平で柔らかい合成繊維刷の刷毛で、2度塗りをします。SOFT WAXを塗り、拭き取ります。

10. 染み出し。

1930年代から1940年代の家具で最初の塗装をし終えた時、塗装面に黄色もしくはピンク色のシミが浮き出す家具があります。何度上塗りしてもそのシミは染み出してきます。
解決方法はシーラー塗装をすることです。透明なシーラーを刷毛ではなくパッドで塗装します。直ぐに乾燥するので直ちに塗装を始められます。
チーク材の製品に関しては、油分が多く含まれるためシーラー塗装をする事をおすすめします。

11. 1リッター缶あたりの塗装可能面積。

塗装する商品や条件により若干の誤差が出ますが1L缶あたり13平米です。
現実的に、上の写真はOLD WHITE 1L缶のペイントに少しの水を加えて一日で塗装した家具です。ステップラダーだけは一回塗りですが、後の家具は全て2回塗りをしたものです。